スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2015年02月11日

麻布の感想

わたしにとって麻布というと、西麻布と麻布十番です。
西麻布は六本木から渋谷方面に向かった場所にあります。
以前、権八という映画「キル・ビル」の舞台のモデルになった居酒屋に一回行きました。
外観も内装も、欧米系の外国人の考えるような日本の建物でした。
お客さんも外国人が多く、ちょっとアトラクションに入ったようでした。
入ったことはないですが、通りをはさみ斜め前にはアイスクリームのホブソンズ、その向かい側にはテテスというエスニック料理が食べられるカフェもあります。
麻布十番は地下鉄が走るまでは陸の孤島と言われてましたが、それ以降、何回か行きました。
「およげたいやきくん」で有名なたい焼き屋さんや老舗のおせんべい屋さんなど、六本木ヒルズのすぐ近くとは思えない、下町のような雰囲気が良いです。
夏に一回麻布十番祭りに行ったことがありますが、こちらも外国人がたくさん来ていて、盛り上がってました。
他に、南麻布という場所に有栖宮記念公園があり、大学の頃、この中にある都立中央図書館にたまに行ってました。
こちらは広尾駅が近いです。
公園の向かい側にはナショナル麻布スーパーマーケットという外国人御用達のスーパーマーケットがあります。
日本人ももちろん入ることができます。
以前、旧フランス大使館が壊される前に中を開放しアートイベントが開かれたので、入ったこともあります。
この一帯はいろいろな国の大使館が多く集まる地域でもあります。
ちょっと余談ですが、漫画で麻布狸穴町という住所を知った時は面白いと思いました。
アザブマミアナチョウと読みます。  


Posted by miyata at 17:41麻布