スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2016年11月19日

古い歴史を持つ人気エリア麻布

麻布は、大都会東京の中でも屈指の人気エリアとして知られています。特に、南麻布・麻布台を中心とする高台は高級住宅街として多くの富裕層が暮らしています。また、幹線道路沿いの低地側も地下鉄南北線・大江戸線が開業したことで麻布十番をはじめとして近年目覚ましい発展を遂げています。
このように日本でも有数の高級住宅街として栄える麻布地区ですが、同時に大変古い歴史を持っています。このエリアには貝塚などもみられ縄文時代から人が生活しており、弥生時代には農耕も開始されています。また、712年には現在の十番稲荷、824年には空海により麻布山善福寺が開かれています。さらに、江戸時代初期のころから武家屋敷が立ち並ぶようになり、明治に入って高台に高級住宅街が並ぶようになります。ちなみに、人気の麻布十番温泉は1949年に開湯しています。
麻布は、明治時代に現在の港区の前身として麻布区となります。その範囲は、麻布十番、麻布台、麻布永坂町、麻布狸穴町、南麻布、西麻布、東麻布、元麻布と六本木1~6丁目と一致します。麻布区は、1947年に港区が発足したことにより消滅します。この時に、旧麻布地区の町名にはすべて麻布を冠する町名に変更され、住居表示の実施による町名町域統合が行われるまで続きました。

  


Posted by miyata at 09:35Comments(0)麻布